· 

若葉だい散歩①~はたらくのりものツアー!?~

 

まだまだ急に寒くなる日もありますが、暖かい日が増えてきましたね。

 

若葉台を歩いていると
“やっぱりここは自然が多い!”と改めて思います。

息子が歩くようになり、外遊びを楽しめるようになったら

「若葉台内をのーんびり散歩してみよう」と決めていた私。

そんな私と息子の、気ままな散歩の様子をお伝えします。

 

住民の皆さんにはおなじみの風景かと思いますが、

引っ越してきたばかりの方や、若葉台外の方にも

改めて若葉台の魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

東側を道路沿いにテクテク

 

今回は、地図の右半分をぐるっと歩いてみました。

スタートは若葉台消防署。


夕方になるとシャッターが閉まってしまいますが、

昼間であれば消防車や救急車を見ることが出来ます。

(この日は救急車が出動中でいなくて残念!)

うちの息子も、前を通るたびに嬉しそうにジーっと眺めています。

 

消防車にバイバイして坂を下り、信号を左に曲がります。


すると見えてきたのは赤枝病院。

はここも、歩道からガラス越しに間近で

救急車を見ることができるのです。

消防署の救急車が出動中だったこともあり、息子も大興奮!

 

 

らに進み、一品香(中華料理屋さん)の交差点を左に曲がります。

(ちなみに、この一品香のタンメンは絶品!)

 


(曲がるとすぐにセブンイレブンがあるので、ここで飲み物やお菓子を調達するのも良し!)

 

ここからしばらく桜並木が続きます。

この日は3月はじめということもあり、桜はまだ小さなつぼみ。

今年は暖かいので、3月下旬には満開になりそうな予感。

その頃にまたここを通るのが楽しみです。

 

そんな桜並木の途中で、たまたま道路工事の現場に遭遇。

トラックやショベルカーを見ることができて、これまた大興奮でした。

 

 

ちょっと公園でひと休み

 

わかば学園を過ぎたあたりで、少し散歩に飽きてきた様子。

日向根公園(ひなたねこうえん)に寄ることにしました。

 

道路沿いの入り口から入ると、すぐ左手に広いグラウンドがあります。

 

右手には3面のテニスコート。

 

そしてこの公園にはブランコと砂場があります。

遊具だけ見ると少し物足りないかもしれませんが、

敷地自体は広いので存分に走り回れます。

点在する立派な木の根っこにも、息子は興味津々。

テーブル付きのベンチもあるので、お弁当を食べることもできますよ。


 

ちなみに・・・

「でもやっぱり遊具でも遊びたい!」という子は

すぐお隣の2-5棟前の小さな公園に

楽しそうな遊具があったのでそちらも是非。


 

 

バス停で小さな発見!

 

さて日向根公園でしばらく遊んで、お散歩再開!

バス通りなのでバスが頻繁に通り過ぎます。

 

「若葉台中学校前」バス停には、

丸太で出来た可愛い椅子がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな小さな発見があるのも

お散歩の醍醐味。


 

桜並木をひたすら歩き、霧が丘高校の交差点を左に曲がります。

しばらく行くと若葉台小学校の門前に到着。

「あー。数年後ここに通うことになるんだなぁ」

ーんて未来の息子のランドセル姿を想像したり。

 


そしてそのすぐ隣は、横浜市営バスの若葉台営業所。

バスも大好きな息子は、またまた大興奮。

(バスの出入りがあるので、邪魔にならないように短時間で撤収)


 

なんだかんだで今回のお散歩中は

”はたらくのりもの”にたくさん遭遇。

営業所を過ぎると、とても満足そうに眠りにつく息子なのでした。

(ちなみにお散歩中、息子はほぼベビーカーでしたが苦笑)

 

 

こんな時こそ、若葉台の良さを再確認!!

 

 

2020年3月現在、新型コロナウイルスが世界中で流行中。

日本でも政府によりイベント自粛や小中高が休校要請され、

不要不急の外出を控えるようにと連日ニュースでも報道されています。

 

とは言っても子どもたち、そしてお子さんをもつ親としても

「ずーっと家にいるのはしんどい!」が本音ではないでしょうか。

 

あまり外出を促すようなことは言えませんが、

お散歩など屋外での行動は比較的感染リスクが少ないと言われています。

 

自然が豊富な若葉台なら、家を出て5分歩くだけで緑に囲まれます。

少しのお散歩で、心も体もリフレッシュしてはいかがですか☆

 

 

 

(みき)