ママさんランナー、風を切る!

2月11日、若葉台駅伝。

普段は子どもを追い回すのがメインだけど、とにかく運動したい!

そんな声を上げたママ達で駅伝チームを結成し、爽やかな汗を流しました。

集まったメンバーは7人。

子どもが2人いるママから、4人の子どものママまで。

まだまだ手のかかる未就学児の子育てに奮闘中のパワフルママチーム。

練習をする時も子連れです。

 

ストライダーにまたがった元気っこが先導してくれます。

声をかけつつ、ベビーカーを押し、背中には子どもをおんぶしてランニング。

ベビーカーだけならまだしも、おんぶまでして走ってやるという気迫。

ランナーを主張した格好をしていないと、パッと見、急いでいる人にしか見えない。

 

なかなか過酷な練習風景に見えるけれど、それでも練習後に出てくるのは

充実感溢れる言葉ばかり。

 

――久しぶりに運動出来た!気持ちいい。

――みんなで一緒に走るの楽しいね。

――やっぱり若葉台っていい環境だよね。

 

 

 

子育ての合間を縫っての練習。

練習予定の日に天気が崩れてしまったり、子どもの体調不良で出られなかったり…

思うようにはいきません。

中には子どものインフルエンザループにはまり全く練習が出来なかったママも。

 

 

それでも駅伝大会当日を迎え、無事に参加を果たしました。

  

 

必死にタスキをつなぎ…

走り終わるとすぐさま子どもを抱っこし、手をつなぎ面倒を見るという。

…底知れぬエネルギーを感じます。

そして感動のゴール!!

入賞には手が届かず、完走を喜ぶのみでしたが

やり切った充実感はいっぱい。

 

 

 

あるメンバーが言います。

「この駅伝に出てるほとんどの人が『終わった~!さぁ打ち上げしよう!』でしょ

私たちは、『さぁ夜ごはん何にしよう?』だもんね、ここで体力使い果たしていられないよ!」

その言葉に頷くのみ。

母は強し。

 

また走ろうと声を掛け合い家事が待つ家路へとついてゆく。。。

来年は更にパワーアップしたママチームの活躍が期待できる

…かもしれません。

 

 

 

一緒に汗を流したいママさん、随時募集中です!

興味のある方は是非声をかけて下さいね!!

 

(CHIKAKO)