フリマでつながる みんなのわ ~LINEフリマ編~

 

若葉台で子育てする楽しみの1つ。

それはフリーマーケット(フリマ)が充実していること。

 

若葉台には、、、

 

「リアルフリマ」「LINEフリマ」の2種類があるのです!

 

どちらも子育て中のママ達が主体となり、子ども用品を中心に売り買いしています。

 

 

新生児、首すわり、よちよち歩き、入園…

 

子どもの成長や季節の変化に合わせて

めまぐるしく入れ替わる子ども用品。

 

――サイズアウトして増えてゆく子ども服の山、場所を取るなぁ。

 

――短期間しか使わないベビーバス、誰かに借りられたらいいのに・・・

 

子育て中のお母さん、そのように感じたことはありませんか?

 

 

思い返せば5年前、4歳の息子がお腹にいた頃のお話です。

 

「ベビーカーA型・B型」だのよく分からない言葉と格闘しながら、

「た○ごクラブ」の[出産前準備リスト]を片手に、

平日はネット購入、休日はリサイクルショップ巡りをしていました。

 

初めての出産を前にワクワクと不安な気もちが入り交じっていた私は

「リストに載っている物全てを揃えたい!」という衝動に駆られ、

一時期しか使わないベビーバスやハイローチェアー、柵、ベビー下着を次々と購入。

 

       (1年後)

北の和室が子ども用品で占拠される事態になっていました😂

 

――新生児下着はお古で十分だったな

 

――ベビーバスは誰かに借りる手もあったなぁ

 

 

 

今から出産を迎えるお母さん、小さなお子さんがいるお母さんは

ぜひこの2つのフリマをご活用ください♪

 

 

「みんなのわ」では、連載記事を通して

それぞれのフリマの魅力をたっぷりご紹介します。

 

 

 

LINEフリマ「マミーズSHOP

 

若葉台で3人の子育てをするお母さんが

「マミーズSHOP」(通称:マミーズ)というLINEグループを作成したのは2年半前。

今や100人を超える大グループになりました!

  

売りたい時は物の写真をアルバムに投稿、

アルバムに写っている商品が欲しい場合は出品者に個人LINE。

直接会ってのやり取りが基本なので、引き渡し場所や時間を決めてゆきます。

 

 “ご近所さん精神”で成り立っている「マミーズ」。

価格が控えめなのが1番の特徴なのですが、

興味深いのはSHOPのカテゴリーを分ける「コーナー」の存在。

覗いてみましょう。

~身内価格編~

 

「無料で差し上げますコーナー」

「50円・100円均一コーナー」

 

毛玉ができているけど着せやすくて重宝した赤ちゃんレギンス、

捨てるには惜しい家具、ありませんか?

 

そんな時は写真を撮ってアルバムにアップするだけ。

 

たとえ無料であっても、次の物の行き場を見つけてあげることができるのは嬉しいものです。

大手のフリマサイトに出品する際に必要な手数料や送料を気にする必要もないので気楽です。

 

私は掲載期間を1ヶ月と期限を決め、もらい手がない場合は潔く処分。

断捨離の通過儀礼にしています。

 

 

 

~ユニーク編~

「こんなの欲しい!!!コーナー」

 

自分が希望する商品の意思表示をすることもできるのです。

急に必要になった冠婚葬祭用の革靴、私もお願いしたことがあります。

 

 

「レンタルします!!コーナー」

 

本やDVD、1回きりのお宮参り用衣装など。

顔が見えるママさん同士ならではのやり取りなら安心感があります。

 

 

 

「制服コーナー」

 

地元メンバーで構成されるグループならではのコーナー。

実際に手にとって状態を確認したり、

試着してから購入できるのも安心。

 

 

 

 

最後は手作りが得意なママさんの特技が生かせる

「手作り品コーナー」です!

 

 

 売り買いを通して、新たなお母さん友達の出会いもありますよ。

 マミーズ、ぜひ活用してくださいね♪