親子で楽しい絵の具体験♪ほっとままサロンのワークショップ

ほっとままサロン主催者の

上田よう子先生と息子です。

 

ご覧ください、息子の真剣な表情!

そしてよう子先生のスマイル!☺

 

今回は絵の具ワークショップの

模様をご紹介します♪


10月5日と12日に、コミュニティオフィス春にて

ほっとままサロンのワークショップが行われました。

今回はハロウィン特別企画!かぼちゃの絵の具ワークショップです!!

 

もうすぐ3歳になる息子ですが、実は絵の具は未知の体験。

そして私自身もほっとままサロンは初参加。

 

そんな親子で初めて同士の、秋の絵の具体験記をお送りします♪

息子は2歳で初参加ですが、

ほっとままサロンには0歳から遊びに来られるんですよ!

 

私達が参加した時間帯には1歳半と、

2歳のお子さんも製作中で賑わっていました。

 

自宅で絵の具遊びをしようと思うと、

そこらじゅう絵の具だらけになること間違いなしなので

ちょっとハードルが高いですよね。

 

でもサロンだと気兼ねなく思い切り楽しめるのが魅力的!

準備や片づけをする手間もないので大変ありがたいです♪

さて、息子も絵の具を初体験!

 

初めてにしてはちゃんと筆を持って絵の具を塗れているではありませんか!

真剣な顔つきです。

 

よう子先生の

「何色にする?」という質問にも、

「う~ん、オレンジ!」とか

「きいろ!」としっかり答えていました。

 

そして何より楽しそう!!

 

初めての絵の具遊びなのにこんなにも成長を感じるなんて、

母として驚きと喜びを感じました(*^^*)

絵の具を塗ってかぼちゃの顔のパーツを付けたらできあがり!

 

完成後には記念撮影です。

 

どう見ても口がひん曲がっていますが、

自分で好きなように作ってご満悦です。

 

おとなにはない感性で、自由に絵の具を塗って自由にパーツを貼る。

そんな姿は見ていてとても新鮮で面白いものでした。

 

好きなようにさせて見守ってくれるよう子先生に感謝です。

一緒に参加したママとお子さんにインタビュー

ほっとままサロンには、よう子先生のもとにいつもたくさんの親子が集まります。

 

今回は冒頭の1歳半のお子さんのママと、2歳の男の子にインタビュー。

 

1歳半のお子さんとママはちょうど一年前のワークショップにも参加されたそうです。

「その時は手形を押して製作したけど、今回は自分で筆を持って絵の具を塗れました!」と、

とっても嬉しそうな様子でした。

続けてサロンに遊びに来ることで我が子の成長を感じられますね。

 

2歳の男の子は、「えのぐたのしかった~♪」とかわいいニコニコ顔。

自分でやりたいお年頃の2~3歳のこどもにも、とっても楽しいワークショップです。

 

完成したみんなの作品は、このようにオフィス春の窓に掲示してあります。

若葉台のハロウィンを彩るかわいいかぼちゃたちです(*´∀`*)

これがほっとままサロンの魅力☆

今回初参加した私はというと、息子が絵の具に夢中なのをいいことに、

よう子先生とのおしゃべりも楽しんでいました。

 

幼稚園選びに悩んでいることや世間話なんかをしながら、私もリフレッシュ。

とても楽しい時間でした。

 

ほっとままサロンの魅力は、

もちろんこどもが自由に楽しく製作できるという点。

でも実は、子育てのちょっとした相談や話を聞いて受け止めてくれる、

明るいよう子先生が最大の魅力だと感じました。

 

親もこどもも、よう子先生と話していると自然と笑顔になります。

そんな人柄に惹かれて、ほっとままサロンは賑わっているのだと思います。 

 

 

ほっとままサロンは不定期ですが、今後もオフィス春で開催予定です。

日程は若葉だい家族の子育てカレンダーや、折込みのHARUからはじまる・・・に

掲載していますのでチェックしてみてください!

 

参加されたことがある方もない方も、ぜひ遊びに行ってくださいね!

きっと親子で楽しい時間が待ってますよ♪

≪参考≫

こちらは以前開催したほっとままサロンのお知らせです。

通常はベビマサロン、ふらっとサロン、絵の具サロンの3つのメニュー。

ご希望に合った内容を選んで参加できますよ。

 

(みどり)