· 

おさんぽらんらん♪⑨ 蜂。捕獲作戦。始動! (前編)

 

若葉台をおさんぽ中にふと空を見上げると、

木につるされたペットボトル。

中には黄金色の液体。

 

春の若葉台の公園に

静かに現れいつの間にか消える液体。

 

これはいったい何?

 

 

実はススメバチを捕獲するための仕掛けなんです。

 

 

 

 

ここ↑は遊水池そばの若葉台公園(通称:アスレチック公園)。

 4/4に行われた平日プレイパークでも100人以上の参加がありました!

 

緑豊かで夏でも涼しいこの公園は

若葉台の数ある公園の中でも5本の指に入る

子ども達に人気の公園です。

 

 

 

子ども達に人気の公園は,,,

 

 

🐝蜂にも大人気🐝

 

 

(あくまでも人間の都合であって、蜂には申し訳ないのですが)

スズメバチがブンブンと旋回している公園で

子どもを遊ばせるのはやっぱり不安💦

 

この気持ちをお母さん達が公園愛護会の方に打ち明けたところ、

蜂捕獲にお力を貸していただけることになったのです👏

 

・妖艶な黄金色をした液体の正体は...?

・何匹の蜂を捕れるのか....?

 

おさんぽらんらんでは蜂捕獲作戦の様子を

リアルタイムでお伝えします。

 

 

 

さぁ、まずはペットボトルをお母さん達の力で集めます。

 

「ペットボトルならどれでも良い」という訳ではありません。

 

 

 ペットボトルには色々な形がありますが、

蜂が逃げにくいのは側面に凹凸のない、炭酸飲料用。

しかも、1.5L。

 

 牛乳パックとは違って、

どの家庭の冷蔵庫にも常備されているものではありません。

 

捕獲作戦決行まで1ヶ月。

50人のお母さん達にLINEで呼びかけたものの

目標の20本に達するのか、、、(不安)

 

 

「これ、使える?」

「1本だけで、ごめんね~」

「いやいや、その1本が心から嬉しいの。」

 

「知り合いに炭酸飲む人いるから聞いてみる!」

「任せた!」

 

 

 「もうすぐ1本飲みきるよ!まだ集めてる?」

「待ってるよ。」

 

(珍コメント編)

「蜂って炭酸が好きなのかな?洗わないで持ってきたよ」😁

 

 

そんな会話を繰り返しながら、約1ヶ月。

目標本数を達成することができました!

 

ベビーカーを押したお母さん、

仕事帰りのお母さん、

子どもの手を引いたお母さんが

毎日のようにオフィス春にお届けしてくださったおかげです(感謝!)

 

 

次は仕掛け作り。

”蜂の入る窓”を作ります!

 

 

H型にカッターで切り込みを入れたら

下準備、完了。

 

 

 

 いよいよ平日プレイパークの日、

近くの集会場では公園愛護会の方が着々と設置の準備に取りかかります。

 

 

 

黄金色の液体の正体は、、、

 

酢、酒、砂糖の混合液でした。

甘くて大人な香りが漂います。

 

 

 

公園愛護会の方々が次々と木につるしてゆきます。

 

 

 

そして数日後、、、

見えました!

スズメバチのお尻が見えました!

 

今後は何匹の蜂が集まってくるのか!?

 

(後編)をお楽しみに。

 

📢告知📢

 

4/26(木) 14:30~

若葉台公園向かいのギャラリーにて(写真参照↓)

 

ペットボトルを3本ほどおろし、

中身を観察します。

 

スズメバチを近くで見られる機会は貴重ですよね。

虫大好きっ子はぜひ遊びにきてください。

                              (のの)